使わなくなったベビー用品は宝の山!最後まで有効に

使い古したおもちゃやお気に入りのノーブランド服の使い道

おもちゃをあげる時も需要を考える

リサイクルショップに持っていってそれほど高値では買い取ってもらえないのはやはり箱なしのおもちゃではないでしょうか。
去年のものなら状態も悪くはないと思いますが、数年前くらいのものはやはり箱があるかないかで見栄えも変わるので、お店では買い取りが難しいものの一つだと思います。それでも気に入っているおもちゃであったなら、ただ捨てるのはもったいないですし、子供もあまり気が進まないのではないかと思います。
大きくなるにつれて遊ぶおもちゃも変わってくるので、赤ちゃんの時に使っていたものならば、同じ年代の子の方がまた使ってくれると思います。それでもただいらないからあげるというのも、もらう側も立場によっては困るものなので、その子が好きそうなものを選んであげると良いでしょう。せっかくなら喜んでもらえそうなものをあげたほうが良いと思います。

着られなくなった服をあげる場合

自分の子供が大きくなって着られなくなった服は、リサイクルショップに持って行った方が利益にはなりますが、中々手間もかかるので敬遠しがちな方も少なくないと思います。
それでも捨てるには惜しいから取っておいてある子供服って案外多いものです。リサイクルショップに持っていくのが面倒だという方は、友人や知り合いにあげる方が有効に活用できるのでお勧めです。
その際の注意点は、相手のサイズや好みを聞いておくことです。いくら無料でもお母様の趣味に合わなければ着させない場合もありますし、その子の好みもあると思うので、その点はしっかり確認しておきましょう。
そして何よりも状態の良いものをあげることです。少し汚れがついているものなどをあげるのは、姉妹同士くらいにしておいた方が無難だと思います。


TOPへ戻る